『わせコマ』が誇る検索機能


『わせコマ』には早稲田に特化した4つの検索機能があります。

それは、

  1. 授業検索
  2. 空き教室検索
  3. わせバス時間検索
  4. サークル検索

です。

今回はその中でも、空き教室わせバスサークルの3つの検索機能についてまとめてみたいと思います!「空き教室って何?」「わせバスって何?」という方も併せてご覧ください。

大学公式シラバスと連携した授業検索の機能についてはこちらからご覧ください)

〇空き教室検索

『わせコマ』が誇る検索機能のひとつ、空き教室検索
1.3限が対面授業で2限がオンライン授業の時(オンライン授業を受ける場所探し)や、試験前(試験勉強の場所探し)の時期には特に利用率が上がる機能です。

「そもそも空き教室って何?」という方のためにご説明すると、大学にはものすごい数の教室がありますが、その中の全てが常に使われているわけではありません。授業で使われていない教室を「空き教室」と呼び、学生は自由に使っています。運が良ければ広い教室を自分ひとりで使うこともでき、図書館以上に集中できる場所として多くの学生が重宝しています。

しかし、『わせコマ』ができるまで、学生はどこが空き教室なのか調べる術がなかったため、空き教室を探すだけで大学構内をぐるぐる歩き回らなければいけませんでした。

そんな早大生の悩みを解決したのがこの「空き教室検索」です。それでは早速使ってみましょう。

シラバスの検索機能の横「空き教室検索」がいます。ここを選択すると上のようなページが開きます。

ここでは、曜日、時限、号館を選択します。

水曜日4限の14号館を調べてみる

選択したら、右下のボタンで検索します。

空いている教室の一覧が出てきました!ここまで分かれば、あとは行ってみるだけですね。これで空き教室を歩いて探し回る心配はありません。

〇わせバス時間検索

早稲田には、早大生な無料で使える「わせバス」というバスが通っていることをご存じですか?特に早稲田から文キャンを通り西早稲田まで行くバスは、多くの学生に重宝されています。

そんなバスが、あと何分で発車するかをカウントダウン形式で教えてくれるのがこの「わせバス時間検索」です。

わせバス時間検索は時間割の右上部分、ちょうどバスのマークがある場所にあります。

わせバスのページが開きました。あとは始点と終点を選択するだけです。

完了です!選択すると、次の発車時刻までの時間を教えてくれます!使ってみると、かなり簡単に検索できるのが分かるかと思います。さらに下に行くと、

時刻表です!ここでも発車時刻を確認することができます。

〇サークル検索

新入生は早稲田にどんなサークルがあるか、気になりますよね。わせコマには、そんなサークル情報もまとまっています。

今まで、サークルは少ない情報量しか発信することができませんでした。それは、自分達でホームページを持つことができないことや、取りまとめる早稲田の学生が運営するサークル単位のメディアには豊富な情報量を掲載できるほどのキャパシティがない、などの問題点があったことが原因でした。

それを解決すべく、わせコマでは余計な情報を入れない(掲載する情報を厳選する)ことによって、高品質で豊富な情報量を掲載することができ、且つ簡単に編集ができる、といったサークル専用のホームページを掲載できるプラットフォームを早稲田のサークル全てに開放しました。

その情報がまとまっているのが、『わせコマ』のサークル検索機能です。日常では時間割機能がメインとなるため、現在は春新歓と秋新歓の期間限定での公開としています。

これがサークルページのトップになります。上の検索欄から、名前などで検索が可能です。写真をタップすると詳細ページが開きます。

これがサークルページのトップになります。情報は、基本情報と新歓情報、予定の3つに分かれています。

基本情報には、キャッチフレーズ、活動内容、活動時間/場所、所属人数、外国人受け入れ、リンクといった情報が掲載されています。

新歓情報には、入会金や年会費など、サークルに入るにあたって気になる情報が掲載されています。

予定にはサークルの活動予定が掲載されています。練習や飲み会など、様々な情報の掲載が可能になっているので、新入生はこれを見て活動に参加することができます。

〇まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、『わせコマ』が誇る検索機能についてまとめてみました。

学生生活を便利にする『わせコマ』は早大生の必携アイテム!

せっかく早稲田に入ったからには、あなたも早稲田の時間割をフル活用しましょう!

早大生限定時間割アプリ『わせコマ』こちらからダウンロード可能です。

ご意見、ご要望、お問い合わせなどは早稲田大学ITサークル”Sodai.”のわせコマ運営(jikanwari.wsd@gmail.comまでご連絡ください。


この記事を書いた人

Sodai.編集部

コメントはまだありません