【知らなきゃ後悔?】【新入生必見】現役早大生に聞いた!入学前の”いま”新入生がやるべきこと


新入生の皆さん!合格おめでとうございます!この時期は長い間の努力が無事実り安堵するとともに憧れの早稲田大学における新しい大学生活にワクワクしているのではないでしょうか。

しかし!

受かったはいいけど、何すればいいの?暇なんだけど何かやらなきゃいけないことあるかな?

サークルって今探すべき?授業について調べといた方がいい?勉強は継続するべき?など

ワクワクの反面でこういった新生活への”不安”を抱く時期でもあるかと思います。そんな新入生のため、早稲田にいる皆さんの先輩方に「新入生が入学する前の”いまやるべきこと”」を調査してきました!果たして、先輩達の経験を元に今やるべきことは何なのか。この記事を読んだらあなたが最高の形で新生活を迎えられること間違いなしです!

1.先輩たちは後悔してる?

「あの時こうしてれば…」

こんな経験は誰にでもあると思います。

そしてこれは新入生にも当てはまるかもしれません。

すなわち、あと半年後いや一年後「入学前に…してれば今ごろ…」

となること。これは多くの新入生が望まないのではないでしょうか。

では、いま一年生が過ごしているこの時期を先輩達は後悔しているのでしょうか。

Sodai.編集部の調査によると、調査に協力してくださった在校生のうち、二人に一人以上もの在校生が後悔しているということがわかりました。

したがって、これから新生活を迎える皆さんの中にも、この記事を読まずに何も考えずに4月を迎えると半年後、いや一年後に先輩方と同じような後悔をしてしまう人が続出してしまうかもしれません…

そこで!

今回Sodai.編集部では先輩たちが後悔していることは何なのかを調査してきました!

この記事を読み、しっかりと準備することで最高のキャンパスライフをスタートしましょう!!

2.サークル探し

新入生が入学前の”いま”だからこそやるべきことの一つ目「サークル探し」です!

「もっとたくさんサークル入っとけばよかった…」「もっとはやく、真剣に探しておけば…」

これらはよく新二年生から聞く声です。

そして「サークル探し」は今回インタビューさせていただいた早大生から最も多く挙げられた回答です。

現在、早稲田大学にはおよそ500の公認サークルが存在しており(早稲田大学学生生活課より)、非公認サークルも含めるとものすごい数となります。大学生活4年間を楽しむための環境を決める際、できる限り多くのサークルを見てから決めたほうが良いに決まってます!

実際に学校生活が始まると、同時に新歓なども始まり意外と吟味するための時間がありません。

みなさんが最高の学生生活を送るためのサークルを見つけるためにはフライングなどありません!ぜひ、今からでも「わせコマ」のサークルページなど利用して理想のサークルを見つけましょう!!!!

わせコマのサークル探し機能がこちら

3.語学

新入生が入学前の”いま”だからこそやるべきこと2つ目「語学の勉強」です!

早稲田大学といえばなんといっても留学生が多いことで有名なのは皆さんご存知ではないでしょうか。実は早稲田大学には約5700人(早稲田大学留学センター統計データより)の留学生が在籍しております。もし触れ合う機会があれば話してみたいと思う方も多くいると思います。

しかし!

やはりネックとなるのは言語の壁です。もちろん留学生の多くは日本語も話すことができますが、英語や中国語など留学生の母語で話せたらかっこいいですよね笑

また、今回インタビューさせていただいた方の中で特に国際系の学部、学科に所属する人が「語学」をあげていました。そういった学部、学科では授業ですら英語で行われる場合もあるので語学力は必須です!

実際に入学した後は、他の学問の勉強もしなければいけなかったりと意外と忙しいことが多いので、長く時間の取れる入学前の”いま”語学の勉強を進めてみるのもいいかもしれませんね!

4.授業の情報集め

新入生が入学前の”いま”だからこそやるべきことの3つ目「授業の情報集め」です!

早稲田大学には幾多の授業があり、必修のものを除きその中から自分が受けたいものを選択できます。

ただ、例年多くの一年生が授業選択に失敗して後悔しているのが実情です。実際に今回のインタビューでこの「授業の情報集め」を挙げたうちの多くが新二年生でした。

「科目登録(自分の講義を決めること)の際、入学したばかりで何も分からず、あまり多くを考えずに選択した結果、単位取得に苦労した」(教育学部新二年生)

「春学期、卒業に必要な第一外国語の単位数を考えずに好きなものばかりを選んだら、秋学期に気がついて絶望しました笑」(教育学部新二年生)

こういったことが実際に起こっているのが本当に怖いですよね(笑)

このようにならないように先輩たちを反面教師にして、入学前の”いま”から少しずつ授業についてわせコマの授業レビューなどを使って調べてみましょう。

こちらがわせコマの授業レビュー

5.服を揃える 

新入生が入学前の”いま”だからこそやるべきことの4つ目「服を揃える」ことです!

高校生から大学生になる人の多くの人が直面する変化が、制服から私服になるということです。

この変化などが理由で、実際に大学生になるとこれまでより格段に服装や髪型に気をつかう人が多くなります。そんな中、実際に大学生活がはじまって、さあ学校へ行こう!となったときに「あれ?着る服なくない?え、どうしよう。」となり、その結果慌てて服を大量購入するといったことはよく起こります。

実際に今回この「服を揃える」と回答してくださった方は

「高校時代は部活着でほとんどこなせていたけど、いざ大学へ行こうとなると私服が無さすぎて驚いた笑」(スポーツ科学部新二年生)

と言っていました。

やることが多くなる4.5月と比べ、比較的時間に余裕がある3月中に服を揃えておくと最高のキャンパスライフがスタートできるかもしれません!!

参考までに…   早稲田生の服装についてまとめた記事はこちらhttps://www.prettz.com/blog/interview/2858/

6.その他

ここでは、これまで挙げてきたもの以外で回答があったものを何個か紹介します!

まず、車校に通って免許を取る!という回答がありました。

ネコも免許を持つ時代

たしかに、車校は4.5月になると急に混みだして乗車予約が取れないということがよくあります。(筆者も4月に入校したのですが、乗車予約が2ヶ月取れませんでした笑)

また、大学生になるとドライブに友達と出かける事も多くあるので免許を早めに取っておくことをお勧めします!

※ただ、車校に通うにはかなり大きなお金が必要となりますのでご注意を!

次に「バイト探し」です。

新生活では交通費、飲食代、娯楽、ファッション、人によっては生活費、学費など、いろいろとお金がかかります。そのためにも今のこの時期からしっかりと自分に合ったバイトを探し始め、4月もしくはそれよりも早くからバイトを始めてお金を貯めておくと安心です。

また、早大生のバイト事情や先輩オススメバイトなどの記事も今後出していくので、ぜひそちらも合わせてご覧ください!

更には「ダイエット」と回答してくれた人もいました!笑

 たしかに大学では高校と比べ運動をする機会がかなり減るので太ります笑 また、早稲田大学の周りには通称ワセメシという安くて美味しいラーメン屋さんや定食屋さんがたくさんあるので、「つい…」といったことが多くなりがちです笑

したがって、ダイエットを早めにしとくというのもありかもしれないですね!笑

また「入学手続きの確認」は大切!と訴えかけてくれた先輩もいました。

「入学手続きをし忘れてて、入学取り消しになりかけた。家で寝てたら親からめちゃくちゃ電話かかってきていました(笑)」(文化構想学部3年)

これは恐ろしすぎますよね(笑)

皆さん入学手続きの確認は何度でもしましょう!

7.まとめ

今回の記事では先輩たちへのインタビューをもとに、新入生が入学前の”いま”だからこそやるべきことを列挙してきました!

結論としては……

サークル探しや授業の情報集めや服を揃えるといった学校生活に直に関わってくることをはじめ、時間がある今だからこそできる語学の勉強やバイト探し、車校などが挙げられました!

これからもSodai.のNEWS記事においては在校生だけではなく新入生に役立つ情報をたくさん発信していくのでぜひご覧ください!

みなさんが最高のキャンパスライフをスタートできることを心より祈っております!

〇『わせコマ』について

『わせコマ』は、早稲田大学内で約1万8000DLを誇る、早大生が運営する早大生のための時間割アプリです。早稲田大学に入学したからには、早大生なら誰しもが使う『わせコマ』をダウンロードしましょう。

iPhoneの方はこちらから、Androidの方はこちらからダウンロードできます。

【その他】


この記事を書いた人

Mae Kouta

コメントはまだありません